歴史時代作家早見 俊の書斎

百折不撓
早見 俊
歴史時代作家

早見 俊はやみ しゅん

1961年岐阜県岐阜市に生まれる。法政大学経営学部卒。会社員の頃から小説を執筆、2007年より文筆業に専念し時代小説を中心に著作は二百冊を超える。歴史時代家集団、「操觚の会」に所属。「居眠り同心影御用」(二見時代小説文庫)「佃島用心棒日誌」(角川文庫)で第六回歴史時代作家クラブシリーズ賞受賞、「うつけ世に立つ 岐阜信長譜」(徳間書店)が第23回中山義秀文学賞の最終候補となる。現代物にも活動の幅を広げ、「覆面刑事貫太郎」(実業之日本社文庫)「労働Gメン草薙満」(徳間文庫)「D6犯罪予防捜査チーム」(光文社文庫)を上梓。ビジネス本も手がけ、「人生!逆転図鑑」(秀和システム)を2020年11月に刊行。
日本文藝家協会評議員、歴史時代作家集団 操弧の会 副長、三浦誠衛流居合道四段。
「このミステリーがすごい」(宝島社)に、ミステリー中毒の時代小説家と名乗って投票している。

新刊のお知らせNEW BOOK毎月1冊程度のペースで新刊を執筆しております

密命将軍 松平通春 悪の華

発売日:
出版社: コスミック出版
「予約商品の価格保証」対象商品。 詳細
江戸の町を闊歩する謎の侍、松平通春。
あるときは松田求馬なる偽名をもちい、あらゆる揉め事や事件に首をつっこんでいく。
単なる変わり者かと思いきや、じつはこの通春、
尾張徳川家の後継ぎで、れきとした雲上人の若殿さまであった。
あるとき、世の乱れを嘆いた現将軍の徳川吉宗に呼ばれ、表側の司法では手の届きにくい、
商家や町民のなかの悪を討つという密命を授けられる。
もとより好奇心旺盛な通春、これ幸いとばかりに市井の将軍代理……いわば『密命将軍』を名乗り、
側近であり相棒の星野藤馬とともに世直しをはじめるのだが……。
のちの尾張の名君、徳川宗春の悪党退治。シリーズ第三弾!

疑惑! 仇討ち本懐 椿平九郎 留守居秘録4

発売日:
出版社: 二見書房
藩主の兵法指南役で道場主が斬殺された!
失踪した師範代は……。
人格高潔な師範代がなぜ、師を、しかも背後から……?

真の理由を明かさぬ師範代。
道場主の息子に仇討ち免状。大名と旗本らの争いを内包。

仇討ち免状を与えた若田小四郎に会ってまいれ──出羽国横手藩十万石の二十八歳の留守居役・椿平九郎は江戸家老より命じられた。
小四郎の父・小兵衛は藩主の兵法指南役で道場主だが、三日前、背を斬られて殺された。
同時に失踪した師範代の熊がい谷格之進が下手人と目された。
だが人格高潔な師範代がなぜ師を、しかも背から斬った? 真の理由を明かさない師範代……。

最強同心 剣之介 紅蓮の吹雪

発売日:
出版社: コスミック出版
金貸しの家に生まれながら、長谷川平蔵に才を見込まれ火盗改となった佐治剣之介。
仕事のやりかたから普段の言動、服装にいたるまで、とても武士とは思えぬ型破りな男であったが、
その破天荒さゆえか、さまざまな難事件を解決に導いていた。
そんなある日、剣之介は父親の音二郎から、借金の取り立てを頼まれる。
貸した相手は、浅間講と呼ばれる一種の詐欺集団。
金にがめついやり手の父が、今回ばかりは弱り果てた顔をするほどの難題であった。
役目のかたわら、しぶしぶ探索をはじめた剣之介であったが、
その裏には、某藩の埋蔵金にまつわるとんでもない野望が隠されていた…。
喧嘩殺法が悪をぶった斬る、シリーズ第七弾!

メールマガジンMAGAZINE3種類のメールマガジンを発行しております

無料メールマガジン
無料

毎週火曜日配信。歴史、ミステリー四方山話、思いつくまま日本史、世界史、国内、海外のミステリーを語ります。また、自作の裏話なども披露致します。8月3日から配信いたします。

有料メールマガジン(仮称)
未定

詳細が決まり次第、公式サイトなどでお知らせいたします。

地震が変えた日本史
月額 440円

毎週金日配信。JESEA(地震科学探査機構)とタイアップしたエッセーです。JESEAの「MEGA地震予測」で配信される地震予測情報と合わせて読んで頂けると、興味、面白さ倍増します。7月10日からメルマガ登録を受付開始し、8月6日から配信いたします。

講演・トークイベントTALKわかりやすい歴史解説、歴史漫談をお楽しみください